150928_doumoto1
Kinki Kidsの堂本剛さんが、2015年12月から
ひよこクラブでパパ育児に挑戦するそうです。

またパニック障害という病気になった過去の噂
が気になったので調べてみました。

スポンサーリンク


プロフィール

名前 堂本 剛(どうもと つよし)
生年月日 1979年4月10日
出身地 奈良県
身長 165cm
血液型 AB型
所属 ジャニーズ事務所

 

ひよこクラブでパパ育児に挑戦!?

最近のジャニーズ事務所はV6の国分太一さんの結婚や
嵐の大野智さんの熱愛疑惑で盛り上がってますよね。

そんな中、今度はキンキキッズの堂本剛さんが
ひよこクラブでパパになるそうです!

え、この人も結婚してたっけ?

2015年12月から連載「僕が父親になる日まで(仮)」が
スタートするそうですが、内容としては堂本剛さんが
パパになる日に備えて心構えや育児を学んでいくというもの。

将来のための予行練習といったところでしょうか。

150928_doumoto4
企画に先立って、11月号には堂本剛さんが描いたイラスト
表紙を飾ることが決まっているそうですよ。

しかし恋愛に関しては超絶厳しいジャニーズ事務所が
こういった企画にOKを出すのは珍しいですね。

連載第一回目では「赤ちゃんと触れ合ってみよう」という
テーマで、パパになった堂本剛さんの表情が注目されます。

「実際に子供がいるジャニーズメンバー(キムタクとか?)
でいいんじゃない?」と思った人もいるのではないでしょうか?

今回の企画では「社会全体で子育てをする世の中になって欲しい
という願いから、あえて独身男性の堂本剛さんが選ばれたそうです。

過去に堂本剛さんは子育てに関して「故郷の奈良で育てたい
とコメントしていたそうです。

またおじいちゃんっ子だったため、
生前祖父が入院していた時は仕事の合間を縫って
度々お見舞いに行くという家族思いな一面も。

今回の企画が始まる前から、
堂本剛さんなりの子育て観があったのかもしれません。

なんにせよ、連載開始を楽しみに待っていましょう。

スポンサーリンク



 

パニック障害の病気の原因は?

そんな堂本剛さんですが、過去にパニック障害という病気に
苦しめられたことがありました。

堂本剛さんは子役の時から芸能活動を行ってきましたが、
学業に専念するため小学校6年生で芸能活動を辞めていました。

150928_doumoto2
元々人前に出ることが苦手な性格だったそうなので、
芸能界の仕事がいかにストレスフルだったか予想されます。

しかしある日、堂本剛さんの姉と母が勝手に
履歴書をジャニーズ事務所に送り入所することになったのです!

当時、堂本さんはバスケ部の活動を楽しんでいて
中学受験も控えていたので全く乗り気ではなかったそうです。

学業に専念したくて芸能界を辞めたのに、
お姉さんとお母さんは一体何を考えていたのでしょうか…。

しかし母親とジャニーズのコンサートの鑑賞に行ったときに、
現在の相方・堂本光一さんと運命的な出会いを果たします。

150928_doumoto3
二人は段々意気投合していったそうで、
最終的に堂本剛さんはジャニーズ入所を決意しました。

事務所に入ってからは奈良と東京を往復する生活だったそうで、
14歳になってからは上京して本格的にアイドル活動をするように。

15歳にはドラマ「金田一少年の事件簿」で主演を演じ、
バラエティ番組に週5本出演と超引っ張りだこ。

人前に出るのが嫌で芸能界を辞めたはずなのに、
殺人的な仕事量とストレスで堂本剛さんの心は削られていきました。

そして18歳の時にCD「硝子の少年」で大ブレイクしますが、
同時に過剰なストレスから過呼吸を発症してしまいます。

彼は以降5年間はずっと自殺願望があったそうです。

「今では考えられませんけど、本当に死にたいと思ってね、生きていた時期もあって。でも根性もないし、怖くて死ねなくてくるしくて。で、毎日空を見て、涙を流して。本当の自分で生きたいのに、生きることが許されない」
http://ddnavi.com/news/184697/a/

つ、辛い~~(泣

堂本剛さんにとって、この5年間は地獄の日々だったのですね。

そんな苦しみから堂本剛さんを救ったのは、
元から好きだった「音楽」だったそうです。

また相方の堂本光一さんの存在も大きかったそうで、
コンサートやライブ中に過呼吸の発作が出た時は
周りに気付かれないようフォローしてきました。

番組収録時に剛さんが喋れなくなったときは、
光一さんがすかさず助けてくれたみたいですよ。

現在はパニック障害の症状も落ち着ているとのこと。

今回のひよこクラブの連載が、
堂本剛さんの心の平穏となるといいですね。

今後も無理せず、マイペースに芸能活動を行って
音楽を楽しんでいって欲しいですね。