150928_kishi1
「おいしゅうございます」の言葉で親しまれていた
料理記者の岸朝子さんが死去されたそうです。

これまでの経歴や、現在まで病気で寝たきりだった
という噂が気になったので調べてみました。

プロフィール

名前 岸 朝子(きし あさこ)
生年月日 1923年11月22日
出身地 東京都
身長 非公開
血液型 非公開
趣味 読書、音楽鑑賞、旅行、タバコ
座右の銘 食は命、命は食にあり

 

経歴

岸朝子さんは沖縄県出身の両親の間に、
東京で生まれました。

父親はカナダと日本で牡蠣養殖を成功させた人物で、
その業界では知らない人はいない程の有名人だそうです。

岸朝子さんは女子栄養学園を卒業後、東大農学部で勤務し
21歳で軍人さんと見合い結婚をしました。

1947年からは夫婦で千葉県に引っ越し、
牡蠣の養殖業を始めたそうです。

1953年には養殖業を廃業し東京へ移住、
1955年に主婦の友社の「料理の好きな家庭婦人を求む」との
求人の応募し、料理記者のキャリアがスタートしました。

1968年からは雑誌「栄養と料理」の編集長を10年間務めています。

そして1993年には、フジテレビ系「料理の鉄人」の審査員として
料理記者歴40年」という肩書で6年間レギュラー出演。

150928_kishi2

番組出演中、岸朝子さんは絶対に「まずい」と言わずに
味以外の長所を探してコメントしていたそうです。

決め台詞の「おいしゅうございます」は、
動物や植物の命を頂くことへの感謝の言葉を表しているそうです。

食材を粗末にしてはいけない。戦争が終わった後の日本の家庭は貧乏でしたからね。ぜいたくな物は食べられないから、いい材料がなくても工夫しておいしくいただいていました。今も「お好きなものは」と聞かれると、「何でも」と答えていますよ。飢えた経験のない、若いお嬢ちゃんたちは好き嫌いが激しいようですけど、わが家では好きも嫌いもなく、おいしく食べます。食べることこそが大事です。http://www.sankei.com/life/news/150625/lif1506250021-n2.html

戦争を生き抜いてきた岸朝子さんだからこそ、
心に響く言葉なのかもしれません。

 

心不全で死去!?現在まで病気で寝たきりだった!?

料理記者として長いキャリアを積んできた岸朝子さん。

残念ながら2015年9月22日に心不全で死去されました。

そんな岸朝子さんですが、病気で寝たきりだったという
噂が流れているみたいです。

彼女は愛煙家であることでも有名だったので、
肺の病気でも持っていたのでしょうか??

しかし調べてみたところ、この情報はガセネタでした。

岸朝子さんは大病を患ったことがないそうで、
2015年に入ってからも料理記者として取材活動を続けていました

2015年1月には女性セブンにインタビューが掲載されていて、
健康の秘訣について語っていました。

健康の秘訣は「好き嫌いをせず、なんでもおいしく頂く事
と語っていたそうです。

岸さんは幼少時から厳しくしつけられてきたそうで、
岸家は全員好き嫌いがないそうです。

子供のうちにきちんとした食べ方を教えることも大事で、
そのおかげか岸さんからひ孫まで病気知らずとか。

やはり日々の食生活が、私たちの身体を作っていることを
実感させられますね。

その他、毎朝手作りのフルーツジュースを飲んだり
手作りの油味噌を食べることも習慣だったそうです

またお酒やたばこも、大いに楽しんでいたそうです。

何よりストレスをためないことが大切なのかもしれないですね。

60年間もの間、料理記者として日本人の食生活を
豊かにしてくださった岸朝子さん。

心からご冥福をお祈りいたします。