TOKIOの山口達也さんは、5人の話し合いの場で、土下座をして辞表(退職願)を出したようです。

2018年5月2日の、TOKIO4人の緊急会見にて明らかになりました。

 

辞表(退職願)を出した理由

山口達也さんが退職願を出した理由は、「自分がTOKIOにいると迷惑をかける」と考えたからのようです。

山口さんの行ったことを考えると、メンバーに対してはその覚悟で謝罪や土下座をするしかないかもしれません。

退職願は受理されたわけではなく、現在、城島リーダーが預かっているようです。

 

土下座や辞表(退職願)に対するTwitterの反応

Twitterの反応をまとめました。

 

Twitterではこういった意見が挙がりました。

「退職願をメンバーに出す時点でまだ甘えている」という意見も……

 

松岡昌宏はメンバーへの辞表(退職願)に「ずるい」とその場で怒った

会見の途中、松岡さんは5人の話し合いの場のときに、

山口さんに「逆の立場だったら、その辞表を会社に出せるのか。それはずるい」と怒った旨を明らかにしました。

 

 

現在のところ、山口さんの退職願は受理されておりません。

今後のTOKIOの活動に注目していきたいですね。