芸能人でファッションデザイナーでもある神田うのさんが、
2016年6月27日放送の「しくじり先生 俺みたいになるな!」
に出演したみたいですね。

 

 

番組では「老若男女まんべんなく嫌われちゃったKY先生」
として登場して、嫌いな芸能人ランキングで11回も1位に
選ばれた理由を懺悔したそうです。

彼女は番組内でどんなことを語ったのか、
気になったので調べてみました。

プロフィール

本名 西村 うの(旧姓:神田)
生年月日 1975年3月28日
出身地 神奈川県川崎市
身長 170cm
血液型 O型
趣味 結婚式
所属 芸能事務所スペースクラフト

お嬢様からファッションデザイナーまでの来歴

彼女の濃すぎるキャラクターからは想像しにくいですが、
神田うのさんの父親は旧通産省の元技(しかも東大卒!)
のエリートだそうです。

また「うの」という名前の由来は持統天皇の幼名である
鵜野讃良皇女(うののさららのひめみこ)」が由来で、
幼少時は「ひめみこ」をとって「ヒメ」と呼ばれたとか。

う~ん、何とも上流階級の匂いがしますね。

 

子供の頃から芸能事務所にスカウトされていたそうで、
14歳からモデル活動を開始、19歳からは「笑っていいとも!」
などテレビ番組にも出演してきました。

1999年にはブランド「コスタ・モーダ・ウノ」を発表して、
その後もストッキング・下着・ウエディングドレス、振袖等
自己ブランドを確立してきました。

⇒神田うのさんのドレスブランド「シェーナ・ドゥーノ」公式HPはこちら

 

芸能活動に加えてファッションデザイナーもするとは、
神田うのは相当稼いでいるに違いない…。

ただの芸能人では納まらず、ファッションの世界でも成功するなんて
純粋に考えても凄い事ですよね!

ただ、これが大衆から嫉妬されてしまう原因なのかもしれません…。

神田うのが20年間も「嫌いな芸能人」にランクインした理由

そんな神田うのさんですが、しくじり先生では

空気が読めない行動で引くほど嫌われない方法について

語ったそうです。

彼女は芸能界入りした後もトントン拍子で事が進んだので、
調子に乗ってしまった時期が長かったみたいですね。

例えば先輩芸能人にタメ口で話してしまったり、
注意されないのをいいことに素行が悪かったり…。

その他に神田うのさんの趣味は自他共に認める「結婚式」で、
過去に9回も挙式を挙げるという一般人かけ離れた感覚も
嫌われてきた原因のひとつだと思われます。

まあ結婚式に関しては本人のお金でしていることだし、
自分のファッションブランドの宣伝も兼ねてると思うので
一般人がどうこう言うことではないかと…。

 

ビジネスで成功していることは純粋に凄いことですが、
彼女の発言があまりにも上から目線なことに問題があったようで。

 

「周りの気持ちを考えない」

「空気を読まない」

「自慢するから嫌い」

 

の3拍子が、神田うのさんが20年間に渡って嫌いな芸能人に
ランクインしてきた原因だったみたいですね。

 

神田うのがしくじり先生で過去のKY事件を懺悔!?

そんな神田うのさんが心を入れ替えようと思った事件が、
信頼していたベビ-シッターによる盗難事件でした。

 

 

なんと総額3,000万円のブランド品や宝石類が盗まれたそうで、
神田うのさんだけではなく娘さんもショックを受けたとか。

この時、犯人ではなく被害者の神田うのさんに対して
『自業自得』『自分で子育てしなかったからでしょ』などの
批判の声が挙がってしまいました。

夫や娘に悪い影響を与えてしまうことに気付いたそうです。

まあ、普段嫌われている人はことあるごとに
バッシングの対象になってしまう傾向にありますよね…。

その時彼女は「KYな母親はダメ、自分を変えよう」と決意。

自分ではなく、家族のために心を入れ替える事を決めたのです。

 

まとめ

神田うのさんは授業の中で

 

「空気を読めない人は、時に空気になる努力をしよう」

 

と話し、大人の対応ができる自分を目標にしているそうです。

人間関係は自分の思った事をそのまま言っていては、
相手の嫉妬や批判をかってしまいますよね?

自分だけのためではできなかったことも、
家族のために行動することが出来た神田うのさん。

番組を観た視聴者からは、感動の声が挙がったみたいです。

 

ただ空気を読み過ぎると芸能人として面白くなくなるので、

個人的にはほどほどでいいと思います。