離婚騒動や奇行で話題の松居一代さんですが、

彼女には前夫との間にひとり息子がいます。

彼は子供の時にアトピー性皮膚炎を患っていましたが、

なんと母親の松居一代さんが完治させたそうです。

彼女が行ったアトピーの治療法は何なのか、

息子の現在はどうなのか気になったので調べてみました。

 

松居一代の息子・船越隆一のプロフィール

名前:船越隆一(ふなこし りゅういち)

生年月日:1989年1月29日

出身地:東京都世田谷区

学歴:成城大学

職業:スーパーニート





松居一代さんは1986年にブランド企業の社長と結婚し、

1989年に隆一さんを出産されています。



年齢は2017年時点で28歳となりますね。



職業ですが、決してガセせたとかではなく

本人のFacebookのプロフィールに記載されていました。



ちなみに好きな言葉は

「仕事はしたくありません。早く飲みに行きましょう。」

だそうです(笑)

両親とも芸能人で、母親の資産は100億を超えているので

息子が働く必要はないのでしょう。羨ましいww

松居一代の息子はアトピーだった

現在はフリーダムな生活をしている船越隆一さんですが、

子供の時はアトピー性皮膚炎を患っていたそうです。



発症時期は非常に早く、

生後20日頃から全身が真っ赤にただれて

かゆみが出ていたそうです。



そして医師からは「重度のアトピー性皮膚炎」と診断。



この日から松居一代さんは、

息子のアトピー性皮膚炎を直すために

日夜奔走することになります。


日本皮膚科学会によるとアトピー性皮膚炎とは、「増悪・寛解を繰り返す、瘙痒のある湿疹を主病変とする疾患であり、患者の多くはアトピー素因を持つ(アトピー性皮膚炎診療ガイドラインより)」と定義されています。

つまり、「かゆみのある湿疹」「よくなったり悪くなったりを繰り返す」「アトピー素因を持つ」という3つがアトピー性皮膚炎の特徴といえるでしょう。



第一三共ヘルスケアHPより抜粋




松居一代さんのWikipediaによると、

隆一さんのアトピー性皮膚炎などが原因で

一代さんは顔面神経麻痺になった時期もあったとか。



まだ言葉も発することが出来ない子供が、

アトピー性皮膚炎で苦しんでいる姿を見るのは

母親としてとても辛かったに違いありません。

アトピーを完治させた方法

kanpouyaku
気になるアトピー性皮膚炎を完治させた方法ですが、

友人から紹介された漢方医のおかげだったそうです。



息子さんのアトピー性皮膚炎の症状を診て、

処方した漢方薬を煎じて飲ませたところ

5ヶ月くらいから症状がよくなったとか。



最終的には4歳になるころには完治したそうです。



0歳から4歳まで、根気のいる治療生活だったと思いますが

無事に完治できて本当に嬉しかったでしょうね。



どんな漢方薬が処方されたか詳しくは分かりませんでした。



でも漢方薬はその人の体質に合わせて処方されるので、

松居一代さんの息子さんと全く同じ漢方薬を飲んでも

アトピー性皮膚炎が治るとは限りません。



大切なのは信頼できる漢方医を見つけて、

ひとりひとりに合った漢方薬を処方しれもらう事です。

まとめ

松居一代さんは息子のアトピー性皮膚炎を治すため、

ありとあらゆる行動を起こしました。

彼女の行動力があったからこそ、

息子さんのアトピーは完治したのでしょう。



彼女の息子を大切に思う心に、感動ですね。