150929_nishina1
最近は北斗晶さん、川島なお美さん、黒木奈々さんと
がんを発症する芸能人が多くて衝撃を受けますね。

そんな中、女優の仁科亜季子さんがミヤネ屋で
大腸がんの手術をしたことを告白したそうです。

因果応報で3度目のがん手術という噂も
気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

名前 仁科 亜季子(にしな あきこ)
生年月日 1953年4月3日
出身地 東京都
身長 158cm
血液型 AB型
所属 ジェイ・ツー

 

ミヤネ屋で大腸がんを告白!?

女優の仁科亜季子さんは2015/9/29のミヤネ屋に出演。

2014年の秋に大腸がんが発症し、
大腸を約20cm以上切ったことを告白しました。

がん検診は半年に1回行っていたそうで、
これとは別に大腸検診を年1回行っていたとのこと。

かなり徹底的に検査しているみたいですね。

大腸がんは、大腸検診の時に発見されたそうです。

また手術後に抗がん剤治療を受けていたそうですが、
今年の3月には終了しているとのこと。

現在は通常の生活に戻っているそうなので、
仁科亜季子さんとしては一安心でしょうね。

そういえば、2011年の東日本大震災の後
子宮頸がんの定期検診のCMに出演していましたね。

ACジャパンのCMの画像はこちら

仁科亜季子さんは現在、がんの定期検査を促進するための
講演会も開催しているそうです。

150929_nishina2
10月2日からは芝居にも出演するみたいですよ。
ファンにとっても嬉しい限りですね。

スポンサーリンク

 

因果応報で3回目?

仁科亜季子さんにとって、
大腸がんは3回目のがんになります。

1回目は1991年に子宮頸がんを発症。
子宮、卵巣、リンパ節を切除したそうです。

2回目は1999年に胃がんを発症。
胃の3分の1にあたる上部と食道の一部、
及び脾臓を切除しています。

さすがに3回目のがん発症だったため、
仁科亜季子さんは死を覚悟していたそうです。

そのため、手術前には妹や子供たちに
遺書のような手紙を書いていたとか。

1度がんになっただけでも衝撃的なのに、
人生で3回もがんになったら気が狂いそうですね(汗)

また「仁科亜季子 がん」で検索すると、
因果応報」というキーワードが出現します。

このキーワードの意味を調べてみると、
仁科亜季子さんのプライベートが関係しているみたいです。

仁科亜季子さんは前夫・松方弘樹さんと
不倫の末、結婚しております。

当時の松方さんには、元・祇園の舞子の妻と
子供が2人いたそうです。

仁科亜季子さんは松方弘樹さんが離婚する前から、
同棲生活を送っていたそうです。

そして松方さんの離婚後、二人は結婚。

なんだか漫画のストーリーみたいですね…。

しかしその後、松方弘樹さんは浮気を繰り返し
隠し子まで作ってしまったそうです。

それに激怒した仁科亜季子さんは、
松方弘樹さんが二度と子供を作れないよう処置
してしまったそうです。

この事件の後、仁科亜季子さんは子宮頸がんを発症し
自身も子供が作れない体になったことから
「因果応報」と言われるようになったそうです。

そもそも浮気する松方さんに非があるはずですが、
世間の目は厳しかったのかもしれません。

なんにせよ、3回もがんで苦しんできたので
再発などしないよう祈るばかりです。

北斗晶さんの乳がんに関する記事はこちら!

川島なお美さんの胆管がんに関する記事はこちら!

黒木奈々さんの胃がんに関する記事はこちら!

山田邦子さんの乳がんに関する記事はこちら!