151009_riajuotaku1
「リア充オタク」という言葉が流行しているそうですが、
ちょっと意味がよく分からないですよね?

芸能人で例えるならば誰か気になったので、
今回は中川翔子・加藤夏希・栗山千明さんに絞って
調べてみました。

スポンサーリンク


「リア充オタク」の定義とは?

この言葉が生まれたのは、容姿端麗ありながら「オタク」な
一面もある人が増えたことが発端のようです。

しかしこれでは「リア充=容姿端麗」という定義が成り立って
しまい、華やかな芸能界の中しか適用しないとの批判が
挙がっているみたいですね。

また「オタク」という言葉の定義も現在はあやふやな状態。
元々1970年代に「オタク」という言葉が誕生したそうですが、
当時はアニメやパソコンに詳しい人の呼称でした。

現在では「野球オタク」「かき氷オタク」「健康オタク」と
とりあえずハマっていることにはオタクをつけるような風潮
があるので、オタク世界も混沌としているようです。

こういった背景を踏まえて、現時点でリア充オタクとは

何かしらのオタクに属しながらも、
「物を買わない・オシャレ・アクティブ」
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151008-00010002-otapolz-ent

という特徴を持つ人ということで定義づけられているようです。

では「リア充オタク」に該当する芸能人は誰なのでしょうか?

 

元祖オタドル:中川翔子

151009_riajuotaku2
名前 中川 翔子(なかがわ しょうこ)
愛称 しょこたん
生年月日 1985年5月5日
出身地 東京都中野区
身長 157 cm
体重 非公開
スリーサイズ 84 – 58 – 84 cm
血液型 A型
所属 ワタナベエンターテインメント

オタドル」の定義ですが、
どうやらオタク系アイドルのことを指すそうです。

中川翔子さんがアニメ・漫画好きなのは有名な話ですよね。

漫画好きが高じてコスプレにも挑戦しており、
2007年に開催された「世界コスプレサミット」では
世界コスプレ親善大使を務めました。

テレビゲームにも造詣が深く、
幼少時代にプレイしていたファミコンソフトの収集も
趣味の一つとなっているそうです。

この趣味は関係者やファンにも公言しており、彼女の熱すぎる語りに苦笑いされることもしばしば(笑)

また中川翔子さんはゲーム・アニメ以外にも
セミの抜け殻収集が趣味のようです。

なんでも、集めた抜け殻を髪の毛にくっつけて遊ぶとか。

うえー、ちょっと気持ち悪いかも(汗)

ブログにその事を公言したところ、
全国のファンからセミの抜け殻が送られてきたそうです(汗)

インターネットの力がこんなところで発揮されるとは…。

中川さん本人は大喜びしたかもしれませんが、
それを運んだスタッフは半泣きだったに違いありません(笑)

スポンサーリンク



 

鉄道オタク:市川紗椰

151009_riajuotaku3

名前 市川 紗椰(いちかわ さや)
本名 市河紗耶ジェニファ
生年月日 1987年2月14日
出身地 愛知県名古屋市
身長 169 cm
体重 非公開
スリーサイズ 85 – 54 – 84 cm
血液型 A型
所属 スーパーコンチネンタル

ハーフのモデルとして活躍している市川沙耶さんですが、
鉄道オタクという一面も持っているそうです。

なんでも専門は「車両鉄」と「音鉄」だそうで、
通勤系の電車を好むそうです。

鉄道オタクにも色々な分類があるのですね…。

また彼女の鉄道好きが高じて、
2014年7月から雑誌「旅と鉄道」の連載もしているとか。

趣味が仕事になるなんて、いいなあ~~。

市川沙耶さんの日課は、電車のドアの開閉動画を録ったり
自分で路線図を描いてそのダイヤを考えて遊ぶこととか。

うーん、よく分からない…(汗)

ちなみに市川沙耶さんは鉄道以外にもアニメ、
音楽(ロック)、ハンバーグ食べ歩きなどが趣味だそうです。

とりあえず、中川翔子さんのセミ収集よりはいいかな!(笑)

 

ザ・オタク:栗山千明

151009_riajuotaku4 本名 栗山 千明(くりやま ちあき)
生年月日 1984年10月10日
出身地 日本茨城県土浦市
身長 162 cm
血液型 A型
所属 スペースクラフト

オタク美女といえば、栗山千明さんを思い浮かべる人も
多いのではないでしょうか?

彼女は5歳の時から芸能活動を行っており、
ファッション雑誌のモデルや女優として活躍してますね。

栗山千明さんは自他ともに認めるインドア派で、
アニメ、TVゲーム、少年漫画、読書が趣味だそうです。

お風呂はかなり長風呂だそうで、
数時間半身浴しながら本や漫画を読むこともあるとか。

またフィギュア収集も趣味のひとつだそうで、
過去にはテレビ番組でフィギュアの箱を開けられそうに
なって激怒したこともあったそうです(汗)

これは相当なオタクに違いない…。

ということで、オタクでありながらオシャレな人が
珍しくなくなってきたのかもしれません。

無理をしない範囲で、両立していきたいものですね。