平昌オリンピックで金メダルを獲得した羽生結弦さん。

日本中が感動しましたね。

そして、羽生結弦さんの演技後、

リンクには大量のプーさんのぬいぐるみが投げ込まれたことも話題になりました。

この通称プーさんシャワーの理由と、プーさんのその後について調べてみました。

 

羽生結弦のプーさんシャワーとは

※2018年平昌オリンピックでのプーさんシャワー

 

羽生結弦さんの平昌オリンピックでの金メダルは、

フィギュアスケート男子では66年ぶりの連覇だそうです。

 

羽生結弦さんは、昨年11月に右足首靭帯を痛めてから2か月間リンクにあがれず、

ジャンプの練習は本番数週間前からやっと始めたばかりでした。

 

しかし、その苦境のなか、本番で見事な演技を見せました。

皆の不安をよそに成功した4回転ジャンプ! 素晴らしかったです。

 

そんな羽生結弦さんが演技した後のスケートリンクへは、

観客席からスタンディングオベーションとともに

たくさんのプーさんのぬいぐるみが降りそそぎました。

 

勢いよく次々と投げ込まれたプーさんのぬいぐるみ。

通常、フィギュアスケート選手の演技後には、

リンクへ小さな花束が投げこまれるのが恒例ですが、

なぜ羽生結弦さんだけプーさんのぬいぐるみなのでしょうか?


プーさんシャワーの理由は?

羽生結弦さんの演技後に、

プーさんのぬいぐるみのシャワーが降るようになったのは、

2014年頃からだそうです。

 

当時からフィギュアスケート男子選手のなかで

圧倒的な成績と抜群のルックスで、

日本のみならず世界中から人気を集めていた羽生結弦さん。

 

その羽生結弦さんが、

大好きで愛してやまないと公言しているのが、

くまのプーさんなのです。

 


ほんわかした雰囲気で可愛いプーさんが、

羽生結弦さんのストイックな選手生活の心の支えなのですね。

 

羽生結弦さんは、スケートの練習にプーさんがついたティッシュケースを持参したり、

試合前ホテルで「頑張ってくる」とプーさんに話しかけてから出発するほどプーさんが大好き。

 

その噂がファンの間で広まり、グランプリシリーズ中国杯で、

もともと花よりもぬいぐるみを投げるのが好きな中国ファンが投げ入れたことから、

現在のプーさんシャワーが始まったようです。

プーさんはその後どうなる?森に帰る!?

羽生結弦さんの部屋は、

大勢のファンからもらった

プーさんのぬいぐるみでいっぱいだとか。


今回のプーさんシャワーで集められたぬいぐるみ達をどうするのか

記者会見でたずねられた羽生結弦さんは、

まず「森に帰すよ」とメルヘンあふれるジョークで回答したあと、

一部は持ち帰るが大半を寄付すると言っています。

 

羽生結弦さん自ら、

「せっかくのファンからのプレゼントを寄付するのはどうかと思われる方もいるかもしれないが……」

と前置きした後、平昌と江陵へ寄付することで感謝の気持ちを示したいとコメント。


「気持ちはたくさんいただいています」と

思い出は大切に持ち帰ると話しています。

 

あのたくさんのプーさんのぬいぐるみは、

羽生結弦さんに一度全て渡され、羽生結弦さんが、

自身の所属するスケートクラブの子供たちや、友達、スタッフにプレゼントしたり、

オリンピックが開催された地元の子供たちへプレゼントしたりするようですね。


羽生結弦は今後どうなる?4回転半!?

 

これからもフィギュアスケート選手生活を続けていきたい、

と話している羽生結弦さん。

 

今後の目標は、

4回転半ジャンプの完成を目指しているとのことです。


平昌オリンピックでも演技前に、

自分のことをまだまだ伸びしろがある選手の1人であると思っている、と語っていましたね。

 

これからの羽生結弦さんにますます期待してしまいます!