150919_shinohara1
柔道家でタレント活動もしている篠原信一さん。
嫁は「マイドス」という会社の社長だそうです!

また2015/9/19放送の「新チューボーですよ!」では
子煩悩全開なエピソードがあったそうなので
気になって調べてみました。

スポンサーリンク


プロフィール

名前 篠原 信一(しのはら しんいち)
生年月日 1973年1月23日
出身地 青森県東津軽郡平内町
身長 187cm
体重 102kg
血液型 O型
所属 エース・アラウンド

 

経歴

篠原信一さん青森県に生まれ、兵庫県神戸市で育ちました。

当初は柔道に全く興味はなかったそうですが、
中学校の先生に誘われて無理やり稽古を積んだそうです(汗)

嫌々で練習してオリンピックに進出するってどゆこと!?

漫画「YAWARA!」の主人公・猪熊 柔も、
柔道の才能がありながら「普通の女の子」になりたいと
思いながら嫌々練習してました。

天才であるからこそ、普通を求めていたのかもしれません!

天理大学を卒業した後、旭化成に入社。

2000年にはシドニーオリンピック100キロ級で
銀メダルを受賞しました。

150919_shinohara2

この時の銀メダル受賞は「世紀の大誤審」と言われており、
本来であれば金メダルを受賞できるはずでした。

しかし篠原信一さんは試合終了後、「弱いから負けた」と
カッコよすぎるコメントを残しております。

一番悔しいのは本人であることは間違ないのに、
自分自身の責任と言える強さに感動しましたね。

その後2003年に現役を引退し、
2004年から天理大学の体育学部准教授、柔道部監督に就任。

2008年~2012年は柔道男子日本代表監督を務めました。

2013年には天理大学を引退し、株式会社マイドスを設立しました。

現在は同社の専務を務めているそうです。

 

嫁は会社マイドスの社長!

柔道監督から一転して会社を興した篠原信一さん。
マイドス者は産業廃棄物の一元管理サービスを行う
会社だそうです。

起業した理由は、篠原信一さんが柔道を辞めても
生活費を稼いでいけるようにするためだそうです。

その他にも、人生80年と考えた場合に
40歳で決断すれば体力・精神力に踏ん張りがきくから
とも言われています。

奥さんが社長で、篠原信一が専務を務めているそうです。

なぜ産業廃棄物の仕事を選んだかというと、
天理大学柔道部の先輩が同業の仕事をしていたそうで
「これなから自分でもできる」と思ったこととのこと。

ただ実質は奥さんが会社をまわしているそうで、
篠原信一さんは「なにも専務」と言われているみたいです(笑)

篠原信一さんは最近はバラエティの仕事も増えてきたので、
奥さんが社長で調度良かったかもしれないですね。

150919_shinohara3

こんな仕事も…してたんだ(笑)

ちなみに会社の収入よりのタレント収入の方が多いそうで、
想定年収2000万円以上との噂が流れています。

やはり芸能界の仕事はヤバイですね…(汗)

スポンサーリンク



 

「新チューボーですよ」で子煩悩!?

篠原信一さんの奥さんの名前は幸世さん。
天理大学の1年上の先輩だそうです。

二人の間には4人の子供がいて、それぞれの名前は
長女・海帆さん、長男・大樹くん、次男・真基くん
そして三男・信貴くんです。

150919_shinohara4

放送時点では奈良県に住んでいるそうで、
番組放送で東京に出張するそうですよ。

ホテルに泊まるときは、大抵のベッドが小さいため
寝るときはちぢこまっているそうです(笑)

また柔道での勇ましい姿とは裏腹に、
家庭の中では穏やかで優しいお父さんみたいです。

特に一人娘の海帆さんには目いっぱい弱いそうで、
嫌われたくない一心で絶対に叱ったりしないとか。

その代わり母親を介して間接的に注意させている
そうです(笑)

また3人の息子は柔道を習っていますが、
篠原信一さんから直接指導はしていないとのこと。

明確な理由は公開されていませんでしたが、
過去にテレビ番組で「指導するのがめんどくさい
と語っていたそうです(笑)

恐らく篠原信一さんは仕事と家庭のON・OFFを
分けるタイプと思われるので、
息子に柔道を教えることに違和感があるのかもしれません。

2015/9/19放送の「新チューボーですよ!」でも
篠原信一さんの子煩悩エピソードが話されていました。

長女の海帆さんは現在大学1年生だそうで、
お家に彼氏は連れてこないでね♪」と娘さんへの思いを
メッセージを送ってました(笑)

娘さんが嫁入りする時、結婚相手は命がけで挨拶に臨む
必要がありそうですね(汗)

柔道からタレント、企業家と幅広く活動する篠原信一さん。
今後も家庭を大切に、活躍されることを期待したいですね。