150921_toake1
女優の十朱幸代さんが死去した噂が流れています。

またくるぶしの大手術を受けて、
現在は車いす生活を送っているとの噂もあるみたいです。

「真相はどっちやねん!?」と思ったので、
詳しく調べてみました。

スポンサーリンク


プロフィール

名前 十朱 幸代(とあけ ゆきよ)
生年月日 1942年11月23日
出身地 東京市日本橋区
身長 非公開
体重 非公開
血液型 O型
所属 アクターズ・セブン

 

経歴

十朱幸代さんは1958年にNHK「バス通り裏」に出演し
弱冠15歳で芸能界デビューしました。

50年以上にわたって日本の芸能界で活躍してきた
大女優のひとりです。

1970年には芸術座正月公演「おせん」の主役に選ばれ
以降は芸術座を代表す演技派女優として活動。

女優業以外にもラジオ放送「いってらっしゃい」の
初代パーソナリティーと幅広く活躍されています。

2015年9月現在で御年72歳ですが、
年齢を感じさせない美しさに整形の噂も出るほど(汗)

150921_toake2
整形疑惑が浮上しても仕方がないと思っちゃうほど、
お美しい方ですね♪

CMキャラクターに選ばれたサプリメントに、
日本中の中高年女性が飛びついていたことでしょう。

 

死去していない!?

ネットで「十朱幸代」と検索すると、「死去」という
キーワードが出てきます。

肺がんなんていう噂も流れているみたいです。

本人にとっては大迷惑な噂で、完全にガセネタです。

良識的な2ch民にフルボッコにされていたみたいです。
少しスッキリしましたね。本人は反省してくださいね!

しかし十朱幸代さんは2013年以降、
全ての芸能活動をストップしている状態のようです。

スポンサーリンク



 

現在はくるぶし大手術と車椅子生活?

そんな十朱幸代さんですが、
2015/9/21放送の「徹子の部屋」に出演していました。

150921_toake3
いや~お美しい!着物姿も様になってますね♪

くるぶしに腰の骨を移植する大手術を受け、5ヶ月間の入院生活
を送っていたことを明らかにしました。

なんでも十朱幸代さんは長年くるぶしに痛みを掛けており、
2010年頃に両足のくるぶしを手術したそうです。

手術は11時間にも及び、入院生活は5ヶ月間にも及びました。

十朱幸代にとって初めての入院生活だったそうで、
「束縛感が辛かった」と話していたそうです。

病院なんて早寝早起き、食事の時間も決まっていて
病院食も美味しくないイメージが強いので
十朱幸代さんの入院生活の過酷さが想像されますね。

退院後も彼女は歩くことができなかったそうで、
約半年間は車椅子生活を送っていたそうです。

その後1年ものリハビリ生活を経て回復。
現在では短時間であれば、ヒールを履いて歩行もできるそうです。

過酷な治療生活を送ってきた十朱幸代さんですが、
今の医学は素晴らしいものがありますね。」と感謝の気持ちを
述べていたとか。

高齢になっても歩くことを諦めなかった十朱幸代さんの強さは、
私たちも見習っていきたいですね。

また彼女をテレビで、もしかしたら舞台で見れる日を
楽しみにしていたいと思います♪