150925_kawashima4
女優の川島なお美さんは2015/9/24に亡くなられました。

胆管がんが再発してから黄疸・腹水の症状が見られ
末期症状だった可能性が噂されています。

症状について気になったので、調べてみました。

スポンサーリンク


プロフィール

川島なお美さんの詳しいプロフィールと
胆管がんの激ヤセ画像は!?

 

胆管がんで死去。

2015年9月24日午後7時55分に亡くなられた川島なお美さん。
54歳という若すぎる死に、悲しみの声が溢れていますね。

夫でパティシエの鎧塚俊彦さんは自身のフェイスブックで
本日19時55分妻なお美が他界致しました
一週間前まで舞台を勤め、そして最後の最期まで女優として、
女房として、人として全力で生を全う致しました
と悲しみの報告をされていました。

川島なお美さんはワインと犬が好きなことで有名で、
私の体はワインでできてるの」という言葉を残しています。

またワインエキスパートの資格や名誉ソムリエの称号なども
持っている筋金入りのワイン通でした。

胆管がんん闘病生活は1年9ヶ月に及びましたが、
川島なお美さんは抗がん剤治療ではなく民間療法を選択。

食事療法などを通して、免疫力の向上を図っていたそうです。

その理由は「抗がん剤の副作用でステージに立てなくなるなら、
最後まで女優として舞台に立ちたいから」と彼女は周囲に
話していたそうです。

川島なお美さんの公式ブログでもプロテインの写真が掲載され
タンパク質をとって免疫を高めます」とコメントしていました。

2015/9/7に行われたシャンパンブランド「コレ」のイベント
に出席したのも、女優として舞台に立つという川島なお美さんの
覚悟が現われていたのかもしれません。

スポンサーリンク

 

腹水・黄疸は末期症状だった!?

そんな川島なお美さんですが、腹水黄疸といった話題になり
末期症状との噂が流れていました。

胆管がんが進行すると、体重の急激な減少や腹部の腫れが
出てくることがあります。

150925_kawashima1
2015年8月に知人の結婚式に出席した川島なお美さん。

背中が空いたドレスを着た激ヤセぶりには
心配の声が多数挙がっていました。

さらに胆管がんが進行し癌性腹膜炎を起こした場合には、
腹水を呈することもあるそうです。

川島なお美さんが2015/9/7のイベントに出席した時、
激やせした身体の割にお腹が膨れていたことが話題になりました。

150925_kawashima2

これは腹水がたまっていた可能性が高いですね。

また2015/9/19に入院時にブログに掲載された写真では、
川島なお美さんの黄疸が話題になりました。

150925_kawashima3
黄疸
はがんができることで胆汁が胆管から逆流して、
血管の中に入ることで血液中のビリルビン濃度が上がり
皮膚や白目といった白い部分が黄色くなるそうです。

胆管がんは確実に川島なお美さんの身体を
蝕んでいったのですね…。

最後まで女優を貫き通した川島なお美さん。
長い闘病生活、本当にお疲れ様でした。

ご冥福をお祈りいたします。

川島なお美さんが胆管がんを発症した原因について