151112_kyasarin1
イギリス王室のキャサリン妃といえば、
産後1ヶ月で元の体型に戻ったことで有名ですよね?

そんなキャサリン妃が、最近なんと摂食障害を発症し
痩せすぎたとの噂が流れています。

噂の真相が気になったので、調べてみました。

スポンサーリンク


プロフィール

名前 キャサリン・エリザベス
生年月日 1982年1月9日
出身地 イングランド、バークシャー、レディング
身長 175cm
血液型 AB型

 

摂食障害で痩せすぎ!?

2人の子供を出産した後も、1か月後には元の体型に
戻ってします英国・キャサリン妃。

彼女のスタイル維持に羨ましがる女性も多く
いるのではないでしょうか?

そんなキャサリン妃ですが、最近は逆に「痩せすぎ
との噂が流れています。

調べてみると2015年11月現在、
身長175cmに対して体重はたったの44.5kgしかないとか!?

BMIを計算したところ、驚愕の14.5!?

適正体重はBMIが18.5~25未満と言われているので、
これは明らかに低体重ですね…。

日本肥満学会の判定基準(成人)
指標 判定
18.5未満 低体重(痩せ型)
18.5~25未満  普通体重
25~30未満 肥満(1度)
30~35未満 肥満(2度)
35~40未満 肥満(3度)
40以上 肥満(4度)
http://keisan.casio.jp/exec/system/1161228732

最近のキャサリン妃の写真もありました。

↓↓↓

151112_kyasarin2
髪型・ドレス等のファッションは素晴らしいですが、
なんだかバストや腕の辺りが華奢過ぎる感じがします。

そんなキャサリン妃は最近、摂食障害に掛かって
しまったそうです。

「彼女は非常に苦しんでいます。英国を代表する医療の専門家にかかり、初期の摂食障害の治療を受けているようです。理想の体を手に入れる代わりに、非常に危険なことに発展する可能性もある症状に陥ってしまいました」
http://news.walkerplus.com/article/67771/

キャサリン妃は自身の服装や髪形について、
世間から注目されていることを非常に気にされているそうです。

周囲から完璧なプリンセスを認められたいと思うあまり、
ダイエットやエクササイズに励み過ぎてしますとか。

一体キャサリン妃は、どんなダイエットをしていたのでしょうか?

・関連記事:鈴木亮平が20kgのダイエットに成功した「納豆キャベツダイエット」とは!?

・関連記事:IKKOが激太りした原因は病気だった!?

・関連記事:川島なお美が胆管がんで激ヤセ画像がヤバイ!?



スポンサーリンク



 

過酷すぎるダイエット法とは!?

美意識が人一倍高いキャサリン妃ですが、
甘い物やスナック菓子が大好きなんだそうです。

特に「ケトル」というポテトチップスがお気に入りだそうで、
身体が求めたら我慢せずに食べるとか。

しかし幼少時からスポーツを日課にしていたそうなので、
元々基礎代謝が高いのかもしれませんね。

また普段はダイエットをしなくても、
必要になればかなりストイックになれる性格。

シャーロット王女を妊娠している時からは体型維持のため、
専用トレーナーを雇っていたそうです。

その人はロンドンのセレブ達を担当する有名トレーナーで、
かなり高額な報酬を要求したそうですよ。

トレーナーは毎日キャサリン妃に電話で状況をチェックし、
週に一度は面会していました。

また出産後はかなり厳しい食事制限を行い、
トレーナーから指示されたワークアウトを毎日行ったとか。

また妃の妹・ピッパ・ミドルトンさんが協力して
グリーンスムージーのデリバリーを手配してあげたそうです。

ちなみにジョージ王子の出産後には、
妃の母親が毎朝手作りスムージーを作ってサポートしたとか。

家族の強力なサポートも、支えになっていたのですね。

そういった努力の結果、シャーロット王女を出産して
6週間でスキニーデニムを履きこなす体型に戻りました。

151112_kyasarin3

パーソナルトレーナーを雇えるのが羨ましいですが、
それ以上にキャサリン妃の「努力」は凄いですね!

しかし今回は行き過ぎた努力で自信を苦しめてしまった
キャサリン妃。

彼女のストレスが軽減されて、もう少しふっくらした体型に
戻れることを祈るばかりです。

 

・関連記事:鈴木亮平が20kgのダイエットに成功した「納豆キャベツダイエット」とは!?

・関連記事:IKKOが激太りした原因は病気だった!?

・関連記事:川島なお美が胆管がんで激ヤセ画像がヤバイ!?